思春期ニキビと大人ニキビの違いって?

ニキビはどれも同じだと思っていませんか?

ニキビには大きく分けて2種類あります。

「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」です。

この2種類のニキビの特徴について説明します。

 

思春期ビキビの特徴

思春期ニキビの特徴はTゾーンにできやすということがあります。

Tゾーンとはおでこと鼻の場所を言います。

これは男女問わず、成長期に男性ホルモンが増えることで皮脂が過剰に分泌されてできるニキビです。

皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まってしまいます。

そうなるとアクネ菌が増殖しニキビになってしまいます。

思春期ニキビは中学生の頃から20歳くらいまでできます。

 

大人ニキビの特徴

思春期ニキビはTゾーンにできましたが、大人ニキビは違う場所にニキビができます。

大人ニキビができやすい場所はUゾーンと言われる、頬から顎にかけての場所にできやすいです。

大人ニキビの原因は肌荒れや乾燥、生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因です。

これらの原因で皮脂が増え、毛穴が詰まってアクネ菌が増殖しにきびになります。

 

ニキビ、ニキビ跡を綺麗に治す方法